続・そこものがかり

Yahoo!ブログより移行。

【exhibition】飛騨みやがわ考古民俗館【入館料無料】

飛騨みやがわ考古民俗館

飛騨市宮川町塩屋104

一般道だとぼくんちから4時間くらいみておく必要がある。あゆパークと兼ねるのは無理っぽい。けっきょく2時間くらい居たし。

でも、これで入館料無料は驚きですね。

 

飛騨みやがわ考古民俗館

飛騨みやがわ考古民俗館

 

宮川

すぐそばを宮川が流れています。というか、宮川ぞいに集落が存在している。

令和6年能登半島地震でここの資料も被災したとテレビのニュースで見たのですが、映像の中に漁具が写っていたのでこれは見ておかなくてはと気にしていたのです。

考古民俗館ということで、ちょっと前までの漁具は民俗のほうの展示。

第二次世界大戦のエリア、家族に宛てた遺書の文面にはメンタルをやられます。

 

【民俗】 

箱メガネ

箱メガネとか。カジカを突く親子とか、昔はいたはず。

 

おとり缶、的なもの

おとり缶、的なもの。

 

四手網?

「さで」とある。これ、古川での展示にも来た物でしょうか。

 

馬ぞり

かつて、馬ぞりで木材を運搬していたそう。なんか最近、馬とかロバで大砲を牽引したりとかに関心が寄っている(←大砲かよそこで)。

 

ハエ取り器

ハエ取り器は初めて見ました。「もんどり」の原理ですね。

 

かんじきなど

かんじきなど。「ダーウィンが来た!」の取材班も、スノーシュー必要なとこに行くことありますね。

 

天秤

天秤だいすきざむらいでござるよ

 

竹スキー

竹スキーの現物を初めて見ました。素朴すぎ。

 

間縄

間縄だいすきざむらいでござるよ

 

博物図(複製)

博物図! NHK連続テレビ小説「らんまん」で、二代目万太郎が夢中で模写したやつですね(←二代目いうな)。

 

昔の教科書

どぜうがいる。

 

カウンターとモーター

これっぽいカウンター、動態保存してる中学校ありますね。たしか。

 

4サイクル原動機の模型

4サイクル原動機の模型、かつて母校では自由にさわれた。あと真空ポンプ、透明な(たぶん)鐘の部分は残ってないのですね。

 

顕微鏡など

顕微鏡、貝殻、などなど。生物マニアが育ちますね。

 

茅葺き民家

茅葺き民家。大金持ちの屋敷でなく、ふつうのお家として昭和まで使われていた家だそうです。

 

馬のいたところ

こちらが馬の玄関。

 

カメムシ

蛍光灯に、カメムシ大集合。これはキマダラカメムシじゃないほうですよね。

 

【考古】 

動物を描いた土器を見た人がSNSに紹介していたので、こちらも見てきました。別棟。

宮川の魚類

宮川の魚類。カジカいますね。

 

土器

これはカエルでしょうね。鳴いてますね。ニホンアマガエルかなあ。

 

【おまけ】

> 飛騨市がんばれふるさと応援寄附金(ふるさと納税) - 飛騨市公式ウェブサイト

www.city.hida.gifu.jp

> 飛騨みやがわ考古民俗館 2024開館スケジュール - 飛騨市公式ウェブサイト

www.city.hida.gifu.jp

> 飛騨みやがわ考古民俗館 - 飛騨市公式ウェブサイト

www.city.hida.gifu.jp

 

(参照 2024-05-01)

【ユーチューブ】2024-03-31シンポジウム「海と川」【清流長良川】

動画が出ました。

> シンポジウム「海と川」

 

youtu.be(参照 2024-04-20)

【ニジマス】朝日新聞的まとめ【清流長良川】

> 長良川に釣り堀のニジマス流出

> 「侵略的外来種」 アユなどの生態系に影響も

> 2月の雨で川が増水、推定3000匹

朝日新聞2024年4月2日岐阜13版21面)

 

www.asahi.com(参照 2024-04-03)

 

疑問点などをよくまとめてあると考えます。

【sympo】2024-03-31海と川【清流長良川とはなんぞや】

   シンポジウム 海と川 

 

【日時】 2024(令和6)年3月31日(日) 13:00 - 16:30

【場所】 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ 1.2(岐阜市司町 40 番地 50) 

メディアコスモス

出店が多かったです。

かんがえるスタジオ

かんがえるスタジオ



【参加費】 無料(資料代:500 円)

予約不要。参加者100名くらいだそう。

【内容】 (チラシより)

> 伊勢湾に春を告げていた小女子(コウナゴ)が姿を
消してこの春で9年目。
かつて溢れるほどいたアサリ、アナゴ、カレイ、タコ、
エビ類、アワビなどの不漁や、魚が生まれ育つ藻場
の激減など、海の異変が伝えられています。
冬を海で過ごしていたアユやサツキマスは、今年、
長良川にもどって来るでしょうか。

 ※ 同会場にて10:30~12:30 伊勢湾と長良川に関わるパネルと資料を展示します。ゆっくりご覧ください。

―講演―
今の伊勢湾 伊勢湾の環境悪化の推移と今日の問題
●講師:「海の博物館」館長 平賀大蔵さん
―報告―
伊勢湾の水産業をめぐって 新美貴資さん(フリーライター
長良川との暮らし 平工顕太郎さん(長良川漁師)
―討論―
● コーディネータ 富樫幸一さん(岐阜大学名誉教授)
● パネラー 平賀さん、新美さん、平工さん
総合司会/三石朱美さん
一般社団法人 JELF(日本環境法律家連盟)事務局

 

【主催】 よみがえれ長良川実行委員会

 

【感想】

命のつながり、だいじ。

 

【おまけ】

メディアコスモス横の水路(上流)

メディアコスモス横の水路(上流)

メディアコスモス横の水路(下流)

メディアコスモス横の水路(下流

http://dousui.org/dataroom/pdf/20240331_sinpo-umitokawa.pdf

(参照 20224-03-31)

 
> ヘドロ堆積「伊勢湾は瀕死の状態」貧栄養化で漁獲量減少 岐阜市長良川との関係考えるシンポ|岐阜新聞Web

www.gifu-np.co.jp(参照 2024-04-01)

【sympo】2024-03-23令和5年度生物多様性シンポジウム【清流長良川の鮎】

   令和5年度生物多様性シンポジウム

【日時】 2024(令和6)年3月23日(土) 10:30 - 11:40
【場所】 国土交通省水辺共生体験館(各務原市川島笠田町1569) 中央駐車場からちょっと歩く。お土産屋さんを通るのでちょうどいいといえばちょうどいい。
【内容】
○「アメリカザリガニとアカミミガメの生態」  世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ 池谷幸樹館長
○世界農業遺産「清流長良川の鮎」を守る~コクチバス対策~  岐阜県農政部里川振興課

【主催】 岐阜県

 

セミナールーム

セミナールーム。

 

【感想】 

コクチバスを根絶したら、つぎはオオクチバスを減らせるとよいと思います。

 

【おまけ】 

アクアトトの前の水路

この水路の写真、ひさびさに撮ったな。



おそらくニシシマドジョウ

木曽川水園のハリヨ観察窓にシマドジョウsp. いました。

ドンコ観察窓

木曽川水園のドンコ観察窓。真ん中あたりの石からヨシノボりsp. が顔を出してるけど、わかりにくい。

ヨシノボリsp.

これはわからんよね。

 

> 令和5年度生物多様性シンポジウムの開催について(参加者募集)

https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/385856.pdf

(参照 2024-02-28)